公金分類集計機

SPM-501

従来、閉店後に行われていた公金の分類・集計作業をSPMを導入すれば日中に数回の入力で完了。
あとは精査ジャーナルと納付書の枚数チェックのみで終了。
持出し用の科目別明細ジャーナルも出力可能です。

製品特長

スムーズな分類・集計作業

 一線での科目分類処理が不要となり、テラーの負担が軽減されます。
 営業時間中に納付依頼書と納付書のゼロプルーフチェックが可能となり、
 テラーのオペレーションミスや納付書の切り漏れ等を早期に発見できます。

分類数は最大60分類

 設定により分類数を30分類か60分類に選択できます。

締め上げ時間の短縮

 閉店後は、受け付けた納付書枚数を精査ジャーナルと突き合わせるだけです。
 持出し添付用の科目別明細ジャーナルも集計結果としてアウトプットできるので、
 加算機での明細表作成の手間がかかりません。

見やすい液晶表示

 操作内容やエラー内容が文字(カタカナ)で表示されるので、初めての方にもすぐに
 お使いいただけます。

  • スペック

表示 40文字×4行 液晶表示 バックライト
プリンター

シリアルドットマトリックス

(40文字/行 2色)

使用環境

屋内稼働時:湿度20%~80%

屋内稼働時:温度5℃~35℃(結露無きこと)

本体寸法

270(W) × 90(H) × 360(D)mm

質量

2.8kg

使用電源

AC100±10V (50/60Hz)

消費電力

3W (待機)/28W (最大)